嫁 浮気

嫁の浮気の調査料金や制裁方法

嫁の浮気の調査料金や制裁方法。合法なやり方にて高額な慰謝料督促 をして、不義相手に復讐したい方はこちらへ。嫁さんの情事が怪しい際の対処の仕方。嫁はんの不義が露見した場合はひどく驚愕ですよね。

 

ママの姿勢が表立ってよそよそしくなってきて、女夫の間柄が腐敗してきたと自覚し始めていたら、間断なく携帯をいじるようになってしまって、整理整頓や子どもの食事の世話をあらかたしなくなってしまって、深夜残業することが多数になった際。

 

ペアの行為が遠ざけられるようになり、談笑があまりなくなった。

 

ハズバンドとの情交はつぶさに無くなったのに、官能的なパンツが豊富になってきて、色っぽい香水をつけてファッショナブルな衣服で、ミッドナイトまで友だちと飲み会をすることが多数になってきたとき。

 

自分としては、明白に姦通をしているとしか思えないけれども、裏書きも無いのに詰問しても言い逃れされる。

 

だからといって、このまま知らんぷりしていると私自身が精神崩壊してしまう。

 

また、子どもへもマイナスな影響。

 

嫁の浮気相手に制裁するには証拠が欠かせない

 

家内の不倫が怪しい場合は、確実な証左キャッチする。

 

確然たるエビデンス掴むまでは、姦淫に気付いているということを伝えない方がいい。

 

嫁さんが密会をしているのではないかと不審に感じたとき、概して嫁が持っているスマートフォンを検分して、誰かと淫らなメッセージのやり取りをやっているか、家を空ける時間表が書いていないか見ると思います。

 

それ以外にも、嫁はんが持っている車にGPSを忍び入れたりして、生活を追尾することもすると思います。

 

けれども、それだけでは裁判になった時に明らかな密会の明確な証拠ではないということをご存知ですか?。

 

ハズバンドとしては、ワイフが奸夫と不審な会話をして、抱きたいとか語り合っていたら、それはもはや不義と見なすますよね?。

 

さらに、奥さんの不貞が不審に思うのでGPSで生活を監視している真っただ中で位置情報がラブホで停止していたら、立腹してしまいますよね。

 

しかしながら、裁判になった時には「不貞行為」を確認できなければ、不倫とは宣告されません。

 

男とワイフが性の営みをしていた時に、司法的な立場から密通と判断されます。

 

逆から言えば、妻が奸夫とセックスしていないのに、姦通だと決めつけて激しく詰問すると、こちらの立場が弱くなってしまう。

 

嫁の浮気に対して制裁して失敗してしまったやり方

 

プルーフが不適当なまま、ママの情事を詰問してしくじった実例解説。

 

ボイスレコーダーへ収録した他の男と嫁はんの情事を重ねる会話。

 

嫁はんのスケジュールが不審になり、ボイスレコーダーをかばんに付けたりしておきました。

 

数日後に確かめてみると、奸夫と情交をしているとしか思えない声が聞こえました。

 

これは明白なプルーフだと思って家内をしているのかもしれない質疑したら、不貞を告白しました。

 

でありながら、いざ男に慰謝料主張をしようとすると、急に見解を変えてしまったのです。

 

旅館には自分だけで行って、他の男と二人ではないと。

 

そういったことは受け入れらないと受け止めましたが、弁護士事務所に伺ってみても、何てたってラブホテルに二人で入っている所を写真撮影など証拠資料として残しておかないと、裁判で明確な証拠情事の裏書きではないという判断。

 

嫁の浮気への制裁の注意点

 

家内が車のシートの上で姦夫とディープキスしていたにも関わらず・・・。

 

嫁はんの帰宅時間が深夜になったので、勤め口に赴いてみたところ、やはりクローズしていました。

 

駐車場に上さんの愛車があり、まさか男と口づけをしている最中でした。

 

私は昏倒しそうになってしまいました。

 

腹立たしさあまり、スライドドアを開けて激しい声でどなりつけ、他の男のIDカードを出させ、慰謝料の要求を行いました。

 

だけれども、後日他の男の弁護士から書面が寄こされ、私が行ったことは脅迫罪になりかねないので、サツに被害届を提出すると宣告されました。

 

さらに、車の助手席でキッスしただけでは不倫行為に該当しないので、不貞の慰謝料を納める責めは無いというのです。

 

私は桁外れに心騒ぎしました。

 

ママが姦夫とディープキスしているにもかかわらず、不倫じゃないとはおかしいじゃないかと思いました。

 

遂には、示談で済みましたが、当方としては心残りな感じです。

 

万が一奥さんの不貞が事実だったとしても、自分で仕返しは避けてください。

 

その理由は、自らで懲罰を加えると、自分の立場が不利になってしまうからです。

 

相手が間違っているからといって、上さんを大音声でどなりつけてしまったら、DV(ドメスティックバイオレンス)と評価されて離婚裁判に訴えられたときに極めて立場が弱くなります。

 

荒々しい口調で怒られたのでうつ病になったと診断書を書かれて、妻が法廷に提示してしまうこともあり得ます。

 

ひょっとすると、奸夫を叩きのめしてやりたいと憤怒する男性もおられるのは当然の成り行きですが、浮気相手へ害を与えると自分が捕らわれ者になってしまいます。

 

仮に身体的暴行をしなかったとしても、激しい声で叱咤してしまうと脅迫罪で逮捕される場合もあります。

 

自らで制裁を課すと、さねしがない結末になることが主である。

 

嫁 浮気記事一覧

嫁の浮気現場を見てしまったとき夫はどう制裁する?奥さんの密会が露顕してしまったときは、猛烈な憤りの心持ちと失望感がおさまりませんよね。嫁はんのスマホに、間男と腕を組んでいる写真や、セルフで撮った裸写真が保存されているのを発見してしまったとき。企業の出張 で出張先に泊まっているはずなのに、夫婦の部屋に溜めていたオーラルピルのの量が減少していた時。奥さんが奸夫と男女の交わりをしていることを想像してしま...